画像
失敗しない!中古車の選び方のポイント!外装編

title

役に立つ良い中古車選びのポイントを教えます!

 損しない!良い中古車(イークルマ)のチェツクポイント!

【 外 装 編 】

中古車販売店にて車を見る際にまず気になるのが外装のキズや凹みではないでしょうか?
パッと見て気になるキズ・凹みがないかぐるっと一周して確認します。


外装を見る際に塗装面のツヤや輝き色ボケ、色違いを見ます、またちょっとかがんでボディをすかして
小さな凹みや線キズを見ます。バンパーの下や角も意外と擦り傷はあるものです。


ドアは運転席、右リアドア、トランク、左リアドア、助手席ドアの順ですべて開け閉めして開閉具合や取付ネジのサビなども見ます、取付ネジが錆びてたり工具をあてた跡があれば交換または修理した事がわかります、
ドアを開けた時にシートのシミや汚れへたりを見ます。
最後にボンネットを開けて見るのがスムーズな流れです。


トランクを開けスペアタイヤ収納部を見ます、見落としがちですが意外と水が入って錆びてる場合があります。


フロントガラスの飛び石、石はね跡、スリキズを見ます。気になる様な飛び石がある場合はリペアで
修理できるか、場合によっては交換になりますので要注意。


ヘッドライトの左右を比べて妙にどちらかがくもり具合かないか?
どちらかが綺麗でもう片方がクモっていれば事故やぶつけて交換してる可能性はあります。
これはボンネットを開け交換していないかライトの付け根、止めねじを確認します。
ライトだけの交換かフレームまで修理しているかですがフレームまで修理していれば修復歴あり(事故車)
となります。


車の下廻りも気になる箇所です。サビが発生してたり、マフラー錆などを見ます。
海沿いや雪道を走る機会が多い車は下廻りが錆びてる場合がありそのままだとネジ等
朽ちる場合があるので防錆処理をする必要があるかを見ます。


外装を見る際にパッと見て何か不自然を感じる箇所があるかないか?不自然を感じるところがあれば
その回りも要チェックです。あとはやはり色のボケ具合ですね、のちのち塗装がハゲてきます。
特に色物の車(赤、黄、銀)は注意


修復歴の有無はなかなか判断しにくいので中古車販売店が車をオークションで仕入れていればオークション出品票
を見せてもらうのが間違いないのですが中古車販売店は見せないお店が多いかな?
気軽に見せて頂ける中古車販売店は正直で信頼できるお店とも言えるのではないでしょうか?
この出品票を見れば修復歴の有無から走行メーター巻き戻し線キズ小キズが詳しく記載されてます。
この出品票はオークション会場の検査員が細かく中古車をチェツクした状態票なので安心です。
(修復歴の定義については別途説明します)

次は失敗しない!中古車の選び方のポイント!内装編

中古車販売の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!