画像
失敗しない!中古車の選び方のポイント!エンジン編

  • HOME
  • 中古車販売
  • 失敗しない!中古車の選び方のポイント!エンジン編

title

役に立つ良い中古車選びのポイントを教えます!

損しない!良い中古車(イークルマ)のチェツクポイント!

 損しない!良い中古車(イークルマ)のチェツクポイント!

【 エ ン ジ ン 編 】

エンジンは車にとってとても重要な機関ですけどボンネットを開けエンジンを見ても調子が良いか
悪いかはわかりませんよね。

エンジンは前オーナー様の日頃のメンテナンス、定期的な点検実施の有無、使用状況によりかわります。
走行距離が少ないから良い車とは限りませんし、走行距離が多いから調子が悪いとも限りません。

一般的に年間の走行距離は1万キロから1万5千キロ、月間1000キロから1500キロ
と言われてます、年式から判断すると平成18年式の中古車だと今年平成28年で10年間経過しているので
走行距離が10万キロから15万キロで平均的、これを基準として10万キロ以下だと走行距離が少ない
15万キロだと過走行と判断するようにしてます。過走行でも調子の良い車はあります。

例えば仕事で有料道路を利用して長距離移動が多い車は調子が良かったりします。
これは一定走行で車に乗っている時間が多く内装も擦れなどなく綺麗な車も多いものです

走行距離が少ない中古車はちょっと買い物利用で乗り降りが激しいと内装の擦れも多いものです。
また、エンジンをかけずに屋根なし駐車場に止めたままだとエンジン内や下廻りにサビが発生している
中古車の多いものです。オススメの中古車の判断基準としては年式から判断して走行距離相応か
ちょい少な目な中古車です。

中古車販売店の展示車を見る際に、かかり具合、異音を気にしてエンジンをかけます。
次にエンジンのアイドリングの安定具合、エンジンアイドリングのブレ、異音、に耳をたてます。
エンジンオイルのにじみや漏れがないかエンジンの横や下を見ます。
エンジンのサビ(白くこなを吹いたような跡)がないかも見ます。

あとは車検が切れている場合は車検だけか?消耗部品も交換してくれるか?は確認しましょう。
車検残がある場合でも法定点検してくれるのか、消耗部品も交換してくれるか?確認しましょう。

意外とここがポイントなんですよ。車検を受ければ完ぺきだと思ってませんか?

車検の点検は走行上必要最低限な部品のみの交換だけで良いのです。なので消耗部品は交換
しなくても良いのです(例えばエンジンオイル、バッテリー、ベルト、ディスクパット等)
でも日常、メンテナンスが必要な部品ばかりです、

中古車販売店の方にどこまで交換してくれるか?確認はしましょう。
このあたりの消耗部品はお店にとっては経費となりますのでなるだけしないお店も多い様です。

「うちは車検をばっちりします!」とか言ってくるお店は逆に言えば「うちは車検だけで消耗部品は交換しないよ」
と言うことにもなりかねませんから。



中古車販売の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!