画像
中古車買取価格はどうやって決まるの?

title

中古車買取価格はどうやって決まるの?
買取店の買取価格は買取店にとっては仕入価格!
仕入れは安くが基本です。

あなたの買取価格の疑問にお応え!

 あなたの買取価格の疑問にお応え!



いまお乗りの中古車を手放す場合どうのようにされますか?

1.おクルマの買い換えの場合は下取りして値引きしてもらう。

2.買取店にて査定してもらい買取店に買取してもらう。

3.知り合いに格安で売る。

4.ネットオークションに出品するなどなど

しかしどれも納得いく価格ではないはずです。

それは、業者の判断する基準と消費者が判断する基準が違うし
買取り、下取りは仕入れになるからできるだけ安く仕入れしようと考えるからです。
買取・下取は業者にとっては“仕入れ”だからです!(安く仕入れ高く売る)

こんな疑問を感じませんか?

「店頭価格100万円で売っている車の査定額が50万円だった!」
「査定0円と言われた車が店頭で30万で売られていた!」
「高価買取という看板があったので査定してもらったが、他のお店とあまり変わらない!」

「色々とパーツを取付、愛着ある車の査定があまりにも低い!」

★ココがポイント!★
買取価格は相場で決まります!
相場とは業者オートオークションでの落札価格が基本でオークションとは業者が

車を売ったり買ったりするいわゆる市場なのです。

この車の落札価格は○○万円だから○○万円で買取しよう』と言うのが決まっているんです!
だからどこの買取店でも同じ様な買取価格を提示するんですね。

オークションでの落札データを基に算出しているので車を見なくても車種・年式・走行距離
だけで大体の相場はわかります。詳しくは車を実際に見てキズやエンジンの状態
ナビやアルミ、エアロなどのパーツも見て最終的な金額をだします。
プラス査定になることもありますがマイナス査定になることもあるのでご注意を。

買取店での買取価格=仕入れ価格なので仕入れは安い方が良いわけなんです。
『高価買取』・『高く買います』は
他店より高く買いますと言う意味で本当にオーナーが
納得する価格を提示するには車の流通を変えるしかありません。

中古車販売店に展示してる車はもともと前オーナーがいて
買取店⇒オークション⇒販売店⇒買いたい方へ流通してるのが一般的で
例えば買取50万円 オークションでの落札購入70万円 購入者100万円)

それぞれの過程でマージンが10万円~30万円発生するので50万円で買取った車が
店頭で100万円で販売されてる事なんて当然なんです。

しかも自動車税の残月数分も含んだりリサイクル費用も含む価格なのですね。

購入するときには自動車税やリサイクル費用はきちんと払うのですがね・・・

良い中古車選びはお店の姿勢次第なのです。
だって買取っている、売ってるのは人なのですから!




中古車買取の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!